今こそ常識をぶち壊せ!○○業界の生き残り方

乗らないタクシー

 

新潟県長岡市のタクシー会社つばめタクシーがコロナの影響を受け、おもしろい試みを始めました。その名も「乗らないタクシー」

自粛が始まる前ですが、テレビ局へ大荷物を持って移動する際にタクシーを利用しました。運転手さんにコロナの影響を聞いたところ、個人の利益で少なくとも約3割は落ちたと。家族を養うため、朝4時までタクシーを走らせているとおっしゃっていました。3月の段階でこれなので、自粛後はより一層影響を受けていることでしょう。

そんな中「乗らないタクシー」は非常に面白い試みですよね。

 

何をやるかより、「誰が、どう伝えるか」

 

同アカウントによると、買い物代行などの救援事業は特別新しいものではないそう。しかし私の周りで利用しているという話を聞いたことはないですし、私のように知らない人も多いと思います。

何より私が良いと感じたのは、きちんとわかりやすい図解を用意し、SNSを活用して周知活動をしているところ。その結果4/21の時点で10万をはるかに超える「いいね」がついています。(俗にいう、バズっている状態)

 

このアカウントのフォロワー数はわずか490ですので、フォロワー数が全てではなく「運用方法」「魅せ方」がいかに大切かがわかりますよね。

 

私も今月いくつかの講座や大学の授業に講師として呼ばれておりましたが、今は一人でも多くの人が自粛すべき、と延期・中止にさせていただきました。

しかし、こんな時だからこそSNSの運用に一層力を入れていきべきですね。私も何らかの形で力になれないか、今色々とアイディアを練っているところです。

 

 

こちらもあわせてどうぞ♪

▶︎あなたは周りに認知されているか?
▶︎年収7億円の西野亮廣から学ぶ、稼ぐ流儀

関連記事

  1. 六本木のスタバが改装中だったので、勝手にビジネス考察

  2. ブルーインパルスの飛行費用は360万円。費用対効果は?

NEWS POSTS