脱まじめな人生のススメ

 

昨年に引き続き、今年も順天堂大学で
講師を勤めさせていただきました。

きっかけはTwitterで私を見つけてくれた
順天堂大学の平林教授にオファーをいただいたことです。

昨年は約80人の生徒さんに
講義を行わせていただきましたが
今年はなんと150人!!

 

今回もみなさんから
事前にいただいた質問をもとに
講義を行わせていただきました。

顔出しOKなメンバーだけで撮影。画面には入りきりませんが、みんなの顔が見られて嬉しかったです!

 

1) いまどきの大学生はどんなことに悩んでいるのか?
2) 人は不安がないときに挑戦するのか?
3) 脱まじめな人生のススメ

 

 

1) いまどきの大学生はどんなことに悩んでいるのか?

 

事前に私からお送りしていたプロフィールが

——————————————–

・転職経験7回
・家なし、仕事なし、知り合いなしで海外移住。就労経験あり
・交通事故で会社を辞めならなくなり、起業

——————————————–

といった内容だったので、質問は

 

・転職の軸や苦労
・海外に行く時不安ではなかったか?海外生活について
・どうやって起業したの?起業のメリット、デメリット
・どうしてそんなに数々の困難から這い上がれるの?
・働くモチベーションはどこから来ている?

 

という「仕事、起業、海外、マインドセット」に分けることができました。

これは普段私が
SNSや直接会うからに質問されたり
相談されることとほぼ同じで、

 

働く・生きることに関する悩みって
学生も社会人も変わらないんだなぁ・・・

 

としみじみ思いました。

 

中でもマインドセット、考え方や
困難から立ち上がる秘訣などに関する
質問が多く、これも社会人と同じ。

私は仕事も生き方もマインドセットが全てだと
思っているのですが、
これは年齢を重ねるだけでは
なかなか磨くことができないと感じています。

 

2) 人は不安がないときに挑戦するのか?

 

学生さんからの質問の中で多かったのは

 

「海外に行く時 / 転職する時 / 起業する時、不安はなかったですか?」

 

というもの。

 

それに対する私の回答は

 

「毎回超不安でしたよ!

今だに新しいことに挑戦する時はとても不安です。」

 

この質問は普段SNSでもよくされるのですが、
挑戦する人って

 

不安がないから
挑戦するわけではなく

不安があっても挑戦する

 

んですよね。

 

私はよく

 

準備万端になる日など来ない
まず何ごとも始めてみる
あとは走りながら軌道修正する

 

とお伝えしています。

だって120%準備万端!
もう何の不安もない!!

という日など来ませんから。

私が昔仕事にしていた
コンサート制作の仕事は
ひとつのツアーで多い時は50公演ほど行います。

 

もちろんツアーの最初は

—————————————–

照明の調整がうまくいかない
ダンサーがフォーメーションを間違える
頼んでおいた備品が届かない

—————————————–

など様々なトラブルが起きます。
では50公演行うと
トラブルはゼロになるかというと、
同じトラブルはなくなっても
新たなトラブルが起きたりします。

人が関わるビジネスなので
人的トラブルもありますし、
疲れがたまっていたり、
慣れてしまったことで
逆に精神がゆるむこともあるかもしれません。

 

同じようなツアーを毎年毎年繰り返していても
ミスが起こらない保証などどこにもないわけです。(というか、必ずといっていいほど起こります)

これは個人が何かを挑戦するときも、
ビジネスシーンでも同じだと思います。

 

繰り返しになりますが、
挑戦する人は

 

準備万端だから
不安がないから
挑戦できるのではなく

不安でも挑戦できる人なのです。

 

3) 脱まじめな人生のススメ

 

昨年も感じたことですが、
学生の皆さんと話していると感じることは

「みんなとても真面目だなぁ」

ということ。

 

どうやったら”正しい”会社に入れるか
どうやったら失敗しないか

 

そう聞かれるたびに、

「誰にとっても正しい選択肢なんてないよ。
間違ってもいいじゃん。


人生に失敗なんて存在しないよ。

10個道があったとして
1個自分に合わない道が見つかったら
それは自分に合った道が
近づいただけのことなんだから」

 

と答えてきました。

 

でも私も学生の頃は
きっと真面目だったんだろうと思います。

だって大人が言うことは
正しいと思っていたし、
大多数が選ぶ道が
安全なんだろうと思っていたから。

 

しかし社会人になって会社の倒産や
仕事を辞めらければならない経験、
逆に身一つで自分の人生を切り拓く経験や
起業して0→1で生き抜いた時間を経て、
ようやく自信を持って言えるようになりました。

 

もうちょっと不まじめに生きてもいいんじゃない?

 

週5で通勤したくない

→は?何言ってるの?
みんな嫌でも通勤してるんだよ


9時〜18時までとか

時間を拘束されたくない

→は?何言ってるの?
みんな嫌でもやってるんだよ

 

私が何度も言われたことです。
でもコロナより前の3年前に起業した時
私は自分がやりたいことをやるために

やりたくないことを
やめようと決めました。

そして少し不まじめになりました。

 

その結果今とても楽しいし、
おかげで大学の講師や
商工会議所の講師、
他にも色々な場所で話す機会をいただいています。

みんなと同じではないからこそ
教科書に載っていないことだからこそ
お話をいただけるのかなと思っています。

 

みんなと同じでいる必要などない。
みなさんも脱まじめな人生、
始めてみませんか?

 

こちらも合わせてどうぞ♪

▶︎順天堂大学の講義に登壇しました
▶︎無職の時のメンタルの保ち方

関連記事

  1. トップアスリートと仕事をしても変わらない、イベントの極意

  2. お金と成功について

  3. 無職の時のメンタルの保ち方

  4. 東京2020に向けて。NHK主催イベントNスポ!終了

  5. 大人気暗闇ボクシング b-monster 経営者の20代姉妹から学ぶこ…

  6. 世の中で売れているものは2種類に分かれる

  7. 12/27(金) 仕事に繋がるTwitter × ブランディング 1d…

  8. 確実に本を出版する方法

NEWS POSTS