これからの時代を生き抜くために必要なこと

今年に入ってから

「英語を使う、グローバルな仕事を増やしたいなぁ」

と思っていたら、自然と色々な仕事が引き寄せられきました。


2020年にはオリンピックがあり、
それに向けて様々な企業が海外進出
または海外から顧客の誘致に動き出しています。


一過性ではなく、これからの時代を生き抜くためには
どうしたらいいでしょうか?

 

(アメリカ在住。文字通り世界を飛び回る、キャサリンと)


私自身、準備0で独立してから試してきたこと、
周りで活躍している人たちを見ると
こんな共通点が浮かび上がってきます。

  • オープンであること
  • 様々な人と関係を築くコミュニケーション力
  • チャンスを瞬時に掴む瞬発力
  • 圧倒的な行動力



「オープンであること」

まずここでつまずく人が多いかもしれません。


例えば私がキャサリンと出会ったのは、
インフルエンサーとして招待されたイベントです。

(真ん中がキャサリン)



明るくコミュニケーション能力に長け、
何事もプロフェッショナルにこなすその姿に惹かれ、
その場で連絡先を交換し、
来日する際に一緒にランチに行く仲になりました。


ランチをする際
彼女の会社のボスたちが私に会いたがっていると聞き、
(この話もなかなか面白いので、また書きますね。)

ボス・幹部たちと一緒にお茶をしていると

「うちで働かない?」

と声を掛けられました。

 


私が彼らが求める素質を
持っていたことももちろんなのですが、
そもそも


「存在を知られなければ声は掛けてもらえない」


特に日本人はこうやって突然の誘いに応じたり、
知らない会社のボスたちとお茶をすることなど
なかなかないと思います。笑


これだけで


「この子は行動力があって社交的だな。
他社との交渉もうまくできるかもしれない。

自分の仕事に対しても端的に説明できるし
頭の回転も速そうだ・・・」


などと1歩どころか10歩リードすることができます。



  • 様々な人と関係を築くコミュニケーション力
  • 圧倒的な行動力


の部分ですね。



現在私は個人事業主として
複数の企業と契約するスタイルが気に入っているので
辞退させていただきましたが、
普通の採用と大きく異なるのは


「またいつでも仕事の相談ができる」


ということです。


単なる面接ではなく、
「人」として興味を持ってもらえると
その繋がりが続く場合も多いものです。


実際、何年も前に会社員として関わりがあった方から
今仕事の依頼を何件かいただいています。



ここで大切なのが、


・チャンスを瞬時に掴む瞬発力


です。



今翻訳・通訳として携わっている国際的なイベントは
ある日知り合いから突然電話がかかってきたことが始まりでした。


「○○でイベントのこと、
運営の理解、英語が話せる人を探している。

できる?」


と言われ、その場で


「できます!」


と答えました。


もし私が

「ちょっと考えさせてください・・・」

と言っていたら、この仕事は他の人に
いってしまっていたかもしれません。



チャンスの女神は前髪しかない。

そしてチャンスを掴むためには
いつでも掴む準備をしていなければならないのです。



「これからの時代を生き抜くために必要なこと」

みなさんはいくつ当てはまりましたか?



———————————————————————————

3/30(土)にサンクチュアリ出版でイベントを開催します!


詳細はこちら

関連記事

  1. 発信力をつけないのは自己中心的である

  2. サンクチュアリ出版取締役副社長 金子さんに学ぶ、人生の切り拓き方

  3. 順天堂大学の講義に登壇しました

  4. お金と成功について

  5. スポーツ選手は無給でも働くべきか?

  6. 幸福度ランキング上位国 デンマークに見る「越境力」

  7. なぜGacktはそんなにお金があるのか?

  8. リスク分散する働き方

NEWS POSTS