個人の仕事の広げ方

今月11/24(火)宮崎県よろず支援拠点が開催する、
みやざきオンラインビジネスアカデミーに講師として登壇します。

一般人でも自分をブランディングする時代の到来

 

私は今まで順天堂大学の講師
船橋市商工会議所 起業セミナー(全3回)
の講師としてセミナーやイベントに呼んでいただきましたが、
それは全てTwitter経由です。

SNS経由でお仕事をいただくことのメリットは何と言っても


私の人柄や思考、働き方などを

理解した人からしかオファーが来ないこと

 

今まで色々な仕事のオファーをもらったり
こちらから提案をしたこともありましたが
私は自分の仕事のスタンスが合わない方とは
ご一緒しないようにしています。

たとえば「言われたことだけやればいい」
「とにかくメディアを回ってくれればいい」
などは絶対に引き受けません。


それでは「私である理由」がないからです。

 

そういう意味ではSNSではある程度
「この人がいい!」と思って指名してくださっているので
その後のお仕事がスムーズにいくことが多いです。

さて、今日のテーマは個人の仕事の広げ方です。

 

私が起業してからの仕事の広げ方

 

私は交通事故がきっかけで独立しているので、
準備ゼロで独立しました。
当然コネもないし、
どうやって仕事を取ってくるかもわからない。

セミナーなどでは最初の一歩も詳しくお伝えしていますが
今日は「広げ方」にフォーカスしますね。

 

最初に契約した企業はまだサービスもないIT企業でした。
今までエンタメ業界一筋でやってきた私には未知の領域でしたし、
サービスがない状態でPRをするのは想像以上に難しかったですね。

このときはとにかく代表のお人柄と思いに共感し
応援したいと思って仕事を引き受けましたが、
自分の中で

①明確なターゲット設定
②PRしていくストーリーと戦略

がとても甘かったと反省しています。

 

この経験があったことで、
①②が自分の中で描けない=報酬に値する価値を提供できない
と気づき、ここが思い描ける仕事だけを受けると心に決めました。

その後は大手外資系企業で
サービスのマーケティング・PRや
大手エンターテイメント企業でイベントPRなどを担当。

この2社は英語×PRに強いPRエージェントや
LinkedInというビジネスSNSで
社長に直接オファーをいただき、契約しました。

ここから言えること。それは
個人で仕事を広げるためには


色々な導線を整えておく

 

ことが大事ということ。

会社員時代は仕事は基本的に会社や
会社の営業がとってきてくれました。
しかし個人は営業もPRも経理も人事も全て自分が担当です。

 

私が整えておいた導線

 

ここで私が実際に仕事のオファーをもらった導線をまとめておきます。

・Wantedly
・LinkedIn
・PRエージェント経由
・SNS(Twitter, Instagram, Facebook)
・フォロワーさんのご紹介
・知り合い
・クライアントさんのご紹介
・経営者つながりのご紹介

最初の1年は知り合いの紹介は
受けないと決めていたので
ほぼ最初の4つから仕事を得ていました。

セミナーやSNSでもWantedlyや
LinkedInは紹介したことがありますが
「私も整えたら仕事のオファーが来ました!」
という方が何人もいて、やはり使えるなぁと感じましたね。

 

きちんと準備して独立したり
元々のコネクションがあったとしても
個人で仕事をとっていくのは大変なことです。

しかし一つ一つの仕事にしっかり向き合い、
自分の人間性とスキルを磨き続けていけば
それが信頼になり、仕事にもつながります。

 

コロナでますます加速した個人の力の重要性。
少しでも参考になれば嬉しいです!

 

——————————-
こちらもあわせてどうぞ♪

▶︎リスク分散する働き方
▶︎コロナでも仕事に影響がでない理由
——————————-

関連記事

  1. どんな人と一緒に仕事をしたい?

  2. リスク分散する働き方

  3. TVで長い時間紹介されるには

  4. 自由な働き方をすると支出額が激減する理由

  5. オリンピックまで1年を切ってるけど、日本の準備は万全なのか?

  6. 3/30(土)9つの肩書きで理想の人生を実現する 人生の切り拓き方 i…

  7. 年収7億円の西野亮廣から学ぶ、稼ぐ流儀

  8. メディア掲載を獲得したいなら知っておくべきこと

NEWS POSTS