2か月間で約9,000万円を失い、それでも従業員全員の雇用を守りきる飲食店の復活劇

コロナで見直した”お金の使い方”

 

新型コロナウイルスをきっかけに

「何にお金を使うか」
「誰にお金を使うか」

を改めて考えるようになりました。

 

言い換えると

応援したい人や物にお金を使うようになりました。

 

飲食・宿泊業をはじめ、
全く影響を受けていない業界の方が少ないと思いますが
それでも強いファンがいるお店や企業は
一時的にお金を失っても、復活の兆しが見える。

濃いファンや応援してくれる人がいるか否かで
明暗がくっきりとわかれました。

 

さて、そんな中先日「ジョーズシャンハイ銀座店」
移転に伴うプレオープニングパーティに
招待していただきました。

招待してくださったPRのともこさんと一緒に。

15 年間NYに住み、音楽プロデューサーを務めていた梅野社長が
その味に出会い、惚れ込み、契約にこぎつけるまでには
3年かかったそうです。

オーナーには家族経営以外は認めないという強いポリシーがあり
契約までは難航したそうですが、
梅野社長の熱い思いがオーナーを動かし
ジョーズシャンハイ海外初出店へと繋がったそうです。

2 か月間で約9,000万円の損失

それでも全員の雇用を守りきる

 

池袋サンシャイン・船橋ららぽーと・銀座店と
日本でも順調に店舗を増やし、
銀座店は3ヶ月先まで満席になる繁盛店に。

しかし緊急事態宣言を受け、2ヶ月間閉店することを
余儀なくされます。

そんな中従業員の給料を減らすこともなく、
全員の雇用を守りきり、銀座店を移転しての
プレオープン。

移転にこぎつけるまでは大変なご苦労があったと思いますが
梅野社長のお言葉を聞きながら
思わずウルウルしてしまった私です。

 

さて、肝心の銀座店は

・銀座駅直結
・個室もあり感染対策◎
・見た目もお味も大満足の料理
・豊富なドリンクメニュー
・ゴージャスな内装

など、ぜひ再訪したい素敵な空間でした!

 ———————————–

11/27に正式オープンした銀座店は
なんと160席満席だそうです!!

 ———————————–

これぞ強くて折れないオーナーやスタッフのみなさんの信念と
強いファンたちの力ですね。

コロナで見直す「企業や個人のブランディング」

 

コロナ前は「PRって何?」という質問も多かった企業から
「コロナに負けないブランディングを作りたい」
という相談を受けることが増えてきました。

私がSNSで自分をブランディングし、
実際にたくさんのお仕事に繋がっている様子を見て
SNS経由でオファーをいただくことも多いですね。

(いつのまにか1万8千300フォロワー!)

 

個人の発信力で物やサービスが売れる時代。
逆を言うと、個人に発信力がない人は
なかなかビジネスを展開していくことが
難しくなっていくでしょう。

自分や企業の揺るがない価値はなんなのか、
今後何年もwith コロナの時代を生きていく中で
柔軟に進化できる人だけが生き残る世界になりますね。

あなたはどう変化していきますか?

 

—————————–

こちらもあわせてどうぞ♪

▶︎芸能人格付けから学ぶGacktの生き方

▶︎「好き」を仕事にするための最良のアドバイス&インスピレーション

—————————–

関連記事

  1. 年収7億円の西野亮廣から学ぶ、稼ぐ流儀

  2. 信頼できるコンサルタントとできないコンサルタントの違い

  3. TVで長い時間紹介されるには

  4. コロナでも仕事に影響がでない理由

  5. 準備0で独立した私が仕事をもらえる理由2

  6. PR未経験の業界で数十媒体にプレスリリースを取り上げられた理由

  7. 住まいのサブスクリプションってどうなの?

  8. PRとして大事なこと

NEWS POSTS