日系企業とグローバル企業の大きな違い

昨年末とある企業の美容医療トリートメントを
インフルエンサーとして受けた。

そこでPRとして世界中を飛び回るキャサリンと
意気投合し、連絡をとる仲に。

彼女が再び来日するというので
ランチを一緒にしようということになった。

(右側がキャサリン。アメリカ在住だか世界中を飛び回っている)

 


この日打ち合わせがあって遅れていた
キャサリンとメッセージをやり取りをしていると


「チームのみんなが
Risaに挨拶をしたいと言うのだけど、いいかな?」


とメッセージが。


私はキャサリンは知っているが、
他のメンバーはもちろん知らない。



「もちろんいいよ!
もし良かったらみんなでランチしようよ。」


と返したのだが、これって日本の企業ではなかなかない。


結局ランチはキャサリンと2人で。

その後チームメンバーと一緒に
リッツカールトンでお茶をすることに。


この日は週末だが、彼らは仕事があったので
なんとメンバーの1人のボーイフレンドも一緒に。


「週末に仕事だと一緒に過ごす時間がないだろうから。」


という、彼らなりの配慮なのだ。



これまた日本の企業ではなかなかない。


会社のボスたち
グローバルチームのメンバー
メンバーのボーイフレンド
わたし


の計7人がほとんど全員初対面で
一緒にスイーツを食べながら
ビジネスやプライベートの話をする。


日本の企業だとほぼ起こりえないことだ。



オープンでいることは大きなチャンス。



私は彼らをとても魅力的な会社と
メンバーだと知ることができたし、
彼らは私をリクルートしようかな、
なんて言っていた。笑



ビジネスは信頼であり、
信頼はコミュニケーションから生まれるのだ。


副業禁止だなんだと
やたら社員を拘束したがる企業が多いが
そんなことをしている場合ではない。

優秀な人間はどんどん世界に羽ばたいていく。
会社もオープンマインドでいてほしいものだ。

関連記事

  1. オリンピックまで1年を切ってるけど、日本の準備は万全なのか?

  2. メディア掲載を獲得したいなら知っておくべきこと

  3. スキルシェアサービスは稼げるのか?

  4. PRとして大事なこと

  5. これからの時代を生き抜くために必要なこと

  6. ブラックな企業ブランド戦略の裏側をのぞいてきた

  7. TVで長い時間紹介されるには

  8. なぜGacktはそんなにお金があるのか?

NEWS POSTS