準備0で独立した私が仕事をもらえる理由

先日、7年前に仕事でご一緒した方にお会いしました。
度々連絡を下さり、その度に美味しいものを食べさせてくれます。


当時関わりがあったプロジェクトは本当に過酷で、
業界の闇・圧倒的な権力に翻弄され、毎日泣きながら必死に闘っていました。

数々の日本の大企業が権力を前に手を引きましたが、
それでも私は絶対に諦めませんでした。
その結果歴史に残るようなイベントを成功させることが
できたことは今でも自分にとって大きな糧になっています。


彼はその時の私の働きぶりを見て

「いつかこの人と一緒に仕事をしたい」

と思ってくださっていたそうです。



独立し約半年、
準備0で個人事業主になった私がなぜ仕事がもらえるのか?


これは周りの人からよく受ける質問でもあります。
私は準備万端で独立したわけでもないし、
特別な方法を行ったわけでもありません。
つまり誰にでも再現性があるのではないかと思っています。

そこで仕事がもらえる理由を、これを機に考えてみました。

準備0で個人事業主になった私がなぜ仕事をもらえるのか?

 

個人事業主になるとは、それまで無意識のうちに使っていた「会社の看板」がなくなること。
今まで知らず知らずのうちに会社の看板に頼っていたことは多いはずです。

 

「○○社の△△です。」と名乗る肩書きがあること。
困ったときに相談できる上司や先輩がいること。
失敗しても会社が責任を取ってくれること。
すでにお取引がある企業と仕事ができること。
名の知れば企業であればアポも取りやすいこと。
消耗品費、電気代、交通費などたくさんの経費を払ってくれること・・・

書き出せばキリがありません。



ではどうしたら○○会社の誰かではなく、”個人のわたし”に仕事がもらえるのか、
これから独立したいと考えている人や、現在個人で仕事をしている人は
必ず考えるべきポイントだと思います。

私は秀でたスキルや、ホリエモンのような頭のキレがあるわけではありません。
私にしかできない技術や、持っている人脈もない・・・。

しかし多くの人はそんなものはないはず。
だとしたら仕事がもらえる人 / もらえない人の差は
「当たり前のことが当たり前にできること」だと私は思います。

 

 

準備0で個人事業主になった私が仕事をもらえる理由

  1. 相手が求めていることを理解している
  2. 自分ができること、できないことを理解している
  3. 相手の問題解決のために自分ができることを提案できる
  4. 返信はスピーディーに、報告連絡相談は必ず行う
  5. 報酬よりも成果を出すことを前提に考える
  6. いつでも素直、正直
  7. 信頼の大切さを理解している

 

とてもシンプルですが、業界や業種が変わっても
この7つは重要なポイントです。

厄介なのは、当たり前だからこそ「自分はできている」と思ってしまうこと。
ぜひ自分の1つ1つの行動と照らし合わせて考えていきたいですね。


今会社員でも、個人事業主でも、経営者でも、
この意識を持って取り組みたいものです。



こちらもあわせてどうぞ♪

▶︎準備0で独立した私が仕事をもらえる理由2

関連記事

  1. これからの時代を生き抜くために必要なこと

  2. 順天堂大学の講義に登壇しました

  3. メディア掲載を獲得したいなら知っておくべきこと

  4. 仕事が遊びで、遊びが仕事な理由

  5. TVで長い時間紹介されるには

  6. 日系企業とグローバル企業の大きな違い

  7. 今、女性起業家に必要なこと

  8. なぜGacktはそんなにお金があるのか?

NEWS POSTS