私たちはみんなアーティスト

先日分島花音ちゃんのライブに行ってきました。

彼女とは長年のお付き合いになりますが
シンガーソングライターであり、
イラストもプロフェッショナル。
ご覧の通り美貌にも恵まれた才女です。


ところが彼女はTHE アーティスト。

常に新しいものを生み出したくて苦しみ、
希望と絶望の間で美しい作品を生み出す。

ある時は楽曲が降りて来ず、
夜中に海岸を自転車で爆走した、というエピソードも。

アーティストとは終わりがないものです。

(花音ちゃんのイラスト。プロです。)



でも私は、私たちは誰もがアーティストだと思うんです。


私たちは少しでも理想の自分になれるよう
理想の人生を切り拓けるよう
日々自分と向き合いながら、苦しみながら進んでいく。

大切な人を守るため
より幸せにするため
1日1日少しでもベストバージョンの
自分になれるよう努力を続けます。


それは辛くも、生きがいとも言えるかもしれません。



ビジネスに関しても同様です。


PRという仕事は

サービスや物の良さを自分なりに見出し、
どんな人にそれを届けたいか明確にし
届けるにはどのような方法がベストか考えます。

そこには正解もない。
それは相手が1人1人異なる人間だからです。


だからこそAIではなく、
生きている自分が考える理由があり
楽しさがあると思います。
(もちろんPR以外の仕事も同じですよね)



どんなに苦しい時があっても、
なんのために自分がやっているのか分かっていれば
それは苦しみではなく、成功までの通過点に過ぎない。

さぁあなたは何を生み出しますか?

分島花音ちゃん オフィシャルサイト

関連記事

  1. 年収7億円の西野亮廣から学ぶ、稼ぐ流儀

  2. 3/30(土)9つの肩書きで理想の人生を実現する 人生の切り拓き方 i…

  3. これからの時代を生き抜くために必要なこと

  4. 「働き方」と「働きがい」について考えてみる

  5. 海外での生活を通して感じる、「将来のことを決め過ぎない」豊かさ

  6. 発信力をつけないのは自己中心的である

  7. 今、女性起業家に必要なこと

  8. サンクチュアリ出版取締役副社長 金子さんに学ぶ、人生の切り拓き方

NEWS POSTS