稼げる人 稼げない人の習慣

“稼ぐ”という言葉が苦手な日本人が多いと思います。

私はというと、独立して初めて”稼ぐ”覚悟ができ、”稼ぐ”ことはポジティブだと思うことができました。



さて、今回紹介する「稼げる人 稼げない人の習慣」



稼げる人は○○、稼げない人は××と比較して書かれているので、比較的入ってきやすい本だと思います。今回は私がノートに書き留めたことをいくつか抜粋してご紹介します。

 

・捨てる基準と残す基準
・「たのしい仕事」を目指すか、「やりたい仕事」を目指すか
・市場を上ではなく、横にずらして稼ぐ
・成功した自分ならどうするか考えて行動する

 

 

・捨てる基準と残す基準

 

私は独立するとき、独立するメリットとデメリットを会社員であるメリット・デメリットと徹底して比較しました。

例えば会社員のメリットは

・決まった日に決まった額が振り込まれる
・病気で休んでも仕事がなくなることはない
・週休二日や有給が(基本的には)ある
・自分で仕事を取らなくていい

など

一方会社員のデメリットは

・満員電車
・長時間拘束される
・自分で仕事や働く人を選べない
・副業禁止

など

私は何を得るかより、自分が捨てたいものを重視し、実際に捨ててきました。(デメリットの部分です)

その結果仕事を選ぶ軸が明確になり、仕事以外のこと(通勤時間や無駄な会議、人間関係のストレスなど)に余計なエネルギーを使わずに仕事をより楽しめるようになりました。



・「たのしい仕事」を目指すか、「やりたい仕事」を目指すか

 

私は好きなことが明確です。だから好きなことを仕事にしてきました。でも好きなことの中には、やりたくない仕事もあるのです。

例えばコンサートプロデューサーの仕事は夢であり、とてもやりがいのある仕事でしたが、朝の4-5時まで働くのは相当きついことでした。他にも食事の手配や警備体制の確認、空港警備や楽屋の備品チェック・・・地味な仕事もたくさんあります。

「やりたい仕事」を目指すと、そのギャップに苦しみ、「こんなはずではなかった・・・」と辞めたくなることも。

それよりも「たのしい仕事」を目指すことです。


例えばチームの人間関係を良くすれば辛い仕事も励ましあえるし、地味な作業もゲーム感覚でやってみると楽しみが生まれたりします。「たのしむ工夫」はどのような仕事にも必要だと思います。


・市場を上ではなく、横にずらして稼ぐ

 

これは報酬を上げる転職のセオリーとしてよく聞くこと。例えば私はもともとコンサート業界出身ですが、音楽の知識と英語力を武器に外資系企業のPRに転職しました。

独立してからはPR・アイディア力・イベント経験・英語・人を巻き込む力を武器に、エンタメ業界以外のクライアントの仕事も獲得していきました。

よく違う業界に転職するのは難しいと思っている人がいますが、それは違います。本書にもありますが、よそ者の視点と知見を元に新しい価値観を提供できれば、それは転職先やクライアントにとって大きなメリットになります。

・成功した自分ならどうするか考えて行動する

 

私はよく新しい挑戦をします。震えて逃げたくて泣きそうになりますが、99%の場合挑戦することを選びます。(100%と言いたいところですが、忘れたいるだけで逃げ出したことがあるかもしれないので、念のため笑)


ここで判断する材料は

「自分はそれ(新しいプロジェクトなど)ができる自分になりたいか?」


ということ。

この答えがYESであれば、どんなに今の自分に無茶に見えても挑戦します。

今の自分にできるかどうかは関係ない。やると決めたら実現する方法を探すだけです。

皆さんはいかがですか?今年も残すところ約2ヶ月。まだまだ挑戦するには遅くありませんよ!

関連記事

  1. 今、女性起業家に必要なこと

  2. PRとして大事なこと

  3. リモートワーク・テレワークが増えた人が注意すべきこと

  4. コロナでも仕事に影響がでない理由

  5. 3/30(土)9つの肩書きで理想の人生を実現する 人生の切り拓き方 i…

  6. 世の中で売れているものは2種類に分かれる

  7. 年収7億円の西野亮廣から学ぶ、稼ぐ流儀

  8. 大阪で一番ブラックな会社をみんなが応援する理由

NEWS POSTS