スポーツ選手は無給でも働くべきか?

先日バスケットボールの夏選手がこんなブログを書いていました。

シーズン途中ですが、チームを去ります。

スポーツ選手がここまで赤裸々にお金のこと、
チームのことを書くのはとても勇気が必要だったと思いますし、
彼の決意と想いを強く感じました。

 

ショービジネスの国アメリカ

 

日本はスポーツビジネスが遅れています。
私はロサンゼルスまでNBAを観に行ったことがあるのですが、
同じバスケットボールとは思えない活気、ショー、選手のプレーでした。
チケットもピンキリではありますが、かなり高額な席が多く、その席も売れているのです。

(有名なStaples CentreでLakerの試合を観戦)

(大学生の試合でもこの観客数)

 

ミュージックコンサートでも最近VIP席として高額な席が売られ始めましたが、
桁がひとつ違うのがアメリカ。さすがショービジネスの国です。
エンターテイメントやスポーツはお金を払って楽しむもの、
という意識が根付いているのですね。

 

スポーツ選手こそ現役時代からビジネスを学ぶべき

 

さて、夏さんの記事に戻ります。彼の記事によると、
所属チームは経営難に陥り、給料の遅れが昨年からあったようです。

 

それに対し

「ファンのためにやるべきだよ(無給でも)」
「目先のお金よりファンやスポンサーの方を裏切ってはいけない。プレイするべき」

というスタッフやBleague(日本の男子プロバスケットボールのトップリーグ)理事の発言もあったそう。

 

日本では「スポーツ選手はスポーツのことだけ考えて入ればいい」
「スポーツ選手のくせにちゃらちゃらしている」と批判されることが多いですね。
私は現役の寿命が短いスポーツ選手こそ現役時代からビジネスのことを学び、
個人の力を強めておくべきだと思っています。

サッカーの本田選手や野球のダルビッシュ選手はSNSでも影響力がありますが、
それは彼らが広い視野を持ち、強い信念を持っているからです。
スポーツ業界にとどまらず、各方面で知り合いが多いですし、
ご本人も積極的に学んでいるようですね。

 

さて、今回のタイトル「スポーツ選手は無給でも働くべきか?」あなたはどう思いますか?

 

彼らは日々自分の体を酷使し、自分の限界に挑戦しています。
会社との仕事を両立している人も多く、
ラグビーの日本代表選手も家族との時間がほとんどない、と言っていました。
それは自分の夢を叶え続けるためであったり、
家族のためであったり、日本のためでもあります。
もちろんそれは普通に働くサラリーマンでも同じことです。

 

つまり「スポーツ選手は無給でも働くべき」などという発言や発想が出る時点で、
それはビジネスとして機能していないのです。

2020年はオリンピックもあります。
少しでもスポーツビジネスが変化していくことを願ってやみません。

関連記事

  1. 世の中で売れているものは2種類に分かれる

  2. 自由な働き方をすると支出額が激減する理由

  3. メディア掲載を獲得したいなら知っておくべきこと

  4. 順天堂大学の講義に登壇しました

  5. 日系企業とグローバル企業の大きな違い

  6. 3/30(土)9つの肩書きで理想の人生を実現する 人生の切り拓き方 i…

  7. 稼げる人 稼げない人の習慣

  8. 世界一仕事に自信がない日本人

NEWS POSTS